横浜センター南|個別指導の大学受験予備校

受験情報

Blog

  • 【学部紹介】法政大学~国際文化学部~

  • 法政大学

  •  
    皆さん、こんにちは。横浜センター南駅から徒歩1分の大学受験予備校BLOOM 横浜センター南校です。
    本日は「大学紹介、学部編」についての記事になります。
     
    法政大学~基本情報編~はこちら

     
    今回は、法政大学 国際文化学部の紹介をします。
     

     

    法政大学 国際文化学部の基本情報

    国際文化学部では市ヶ谷キャンパスで学びます。
     

    ・市ヶ谷キャンパス


    (法学部・文学部・経営学部・国際文化学部・人間環境学部・キャリアデザイン学部・GIS<グローバル教養学部>・デザイン工学部)
    〒102-8160 東京都千代田区富士見2丁目17の1
    JR総武線・地下鉄有楽町線・南北線飯田橋駅、または市ケ谷駅下車、
    ならびに地下鉄東西線・大江戸線飯田橋駅、地下鉄都営新宿線市ケ谷駅下車、徒歩6~7分

    (引用元:法政大学HP市ヶ谷キャンパスアクセス)
     

    偏差値:62.5
    定員:249
    男:女=33%:67%(2019年)
     

    国際文化学部理念・目的


    本学部は、本学の前身である和仏法律学校の校長であり、『万国新史』などの著作のある箕作麟祥の豊かな国際感覚を継承する学部であるとの自負を持ちつつ、「国際社会人」の育成を使命としている。具体的には、以下のような能力の涵養を目標としている。
    1.自己の文化的枠組みにとらわれない幅広い知識と柔軟な理解力
    2.共感をもって異文化を理解すると同時に、自己の文化を客観化できる通文化的かつ相互的な見方
    3.英語および各種外国語の習得を通じて異文化を深く理解するとともに、異文化との情報の受発信が十分にできるような、双方向的コミュニケーション能力
    4・さまざまな「文化情報」をICTを駆使して受け取り、さらに、新たな「文化情報」として発信する能力

     
    (文学部の全概要はこちら)
     

     

    学科紹介

    ▪情報文化コース

    情報リテラシーの基礎を入門とし、高度な情報処理能力と知識を育成します。
    研究領域は、倫理、生物多様性、こころ、ロボット、メディアアート、デザイン、データサイエンス、セキュリティ、モノのインターネット、AI、VRなどグローバルなどです。
     

    ▪表象文化コース

    映像や美術などの表象文化を通じ、文化的アイデンティティ形成への理解を深めます。
    様々な芸術表現に触れ、異なった地域や時代の人々の志向・価値観・感受性を追体験することで自分を豊かにしたり、未知の他者の心に訴えることで道を開きます。
     

    ▪言語文化コース

    言語と文化を学びます。
    英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、朝鮮語の各言語圏の文化や、東南アジア、アフロ・アジアの文化、世界の中の日本文化についての知識を身につけます。
    設置科目は言語学、文化史、思想史、文学、芸能、現代事情など様々で、言語そのものや、言語が生み出す文化の多様性を、広い視野で学びます。
     

    ▪国際社会コース

    国際社会における地域や国を横断した交流の仕組み、その問題点と解決法などを探究します。
    世界中の人たちとのつながりを意識し、自分たちの位置を確認するところから始まり、理解と共感を持って他者と関わります。
     
     

    特色

    ▪コース制

    コース登録は2年生への進級時で、定員はなく希望のコースを選択できます。情報文化コース、表象文化コース、言語文化コース、国際社会コースの4つの中から選択します。
    異文化間のコミュニケーションを理解するには言語の知識やスキル以外に、映像や音楽などの表象に関する理解も必要不可欠です。
    4つのコースがあいまって、バランスの取れた国際社会人を養成することを目的としています。
     

    ▪Study Abroad とStudy Japanプログラム

    国際文化学部では、外国語の実践的な力をつけ、肌で異文化を感じるために、すべての学生に海外留学( Study Abroad=SA プログラム)を義務づけています
    このプログラムでは、 2年次秋学期に、 世界10カ国7言語圏に広がる15大学のいずれかに留学します。
     

    ▪少人数教育

    国際文化学部では少人数での授業が多くなっています。
    例えば語学の授業の学生数は習熟度に応じた適切な指導ができるようにするため24名以下に抑えられていたり、演習(ゼミ)においても、学生数が20名程度になるよう配慮されています。
    教員が学生一人一人に寄り添ってサポートすることができる他、少人数クラスは、クラスやゼミの雰囲気がアットホームになり、充実した学生生活を送ることできると好評です。
     

    SA(スタディ・アブロード・プログラム)

    ▪概要

    世界10カ国、15の海外協定校からひとつを選択して海外留学を経験します。
    寮生活やホームステイを体験します。
    )(※留学先は、英語圏または国際文化学部で学べる諸言語圏(ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、朝鮮語)のいずれかから選択します。)
     

    ▪単位取得

    SA留学先での学習は、通常16単位をSA科目として法政大学の卒業所要単位として認定します。
    単位は留学先の授業終了後に成績証明書等と帰国後の提出が課せられているレポートによって総合的に認定されます。
    留学に行っている間の期間に単位が取得できないということがないので、留学を思いきり満喫することができます。
     

    ▪SAスケジュール

    海外留学の準備は、1年以上の期間をかけてじっくりと行います。
    留学先の選択や書類送付、パスポートやビザの取得などについても、すべてオリエンテーションを行いますので、万全の準備で海外留学に臨めます。
     
    【SAスケジュール】
    1年次4月 →オリエンテーション・留学先希望登録
    1年次10月→留学先決定
    2年次4~7月→事前オリエンテーション
    2年次8月中旬~9月下旬→留学先へ出発
    2年次8月中旬~翌年2月→留学先で学習
    2年次12~3月→帰国、単位認定

     

    進路

    ▪主な就職先

    国際文化で身につけた高いコミュニケーション能力・情報処理能力と柔軟な思考能力を活かし、様々な業界の、大手・優良企業に幅広く内定をもらっています。

     
    【業界】
    ▪サービス…19.6%
    ▪製造…13.4%
    ▪卸・小売り…13.4%
    ▪情報・通信…12.9%
    ▪金融・保険…10.3%
     

    ▪卒業生によるセミナー

    国際文化学部では、例年卒業生を招いて就職セミナーを開催しています。
    就職活動のアドバイスや、学生のうちにやっておくことや就職後の話など、リアルな声を聞くことができます。
    終了後には、懇親会もあるのでその場で卒業生に話を聞くことができます。
     

     
    【まとめ】
    ・少人数教育を行っているため、英語以外の初めての言語を学ぶ際も、質問しやすかったり、学びやすい環境が整っている。
    ・卒業生を招いた就職サポートは、学部独自のオリジナルで、就職にも力を入れていることがわかる。

     

    家にいながら大学受験

    BLOOMオンライン

    どこでも受験のプロから指導が受けられる

    無料個別コーチング面談のイメージ

    受験のプロに直接相談できる!

    無料個別コーチング面談

    プロの学習コーチが課題に合わせた学習計画を作成!

    TOPICS

    厳選トピックス

    私が予備校という事業を始めた理由は、大学受験を通して、高い志を持った人材を世の中に輩出したいという想いからでした。
    ほとんど予備校が合格実績を追い求め、志望校合格のためのカリキュラム提供をしており、また・・・

    大学受験予備校BLOOMのコンセプトムービーです。『Lead your LIFE=あなたを生きよう』という想いを大切に運営している予備校です。志望校合格はもちろんですが、その先の未来を描き、合格後活躍できる成長を目指します。

    各業界で活躍する方々から、BLOOMとBLOOMで学ぶ皆さんにメッセージをいただきました。大学受験予備校BLOOMの教育理念や取り組みに各業界の皆様から推薦の声が載っています。