横浜センター南|個別指導の大学受験予備校

受験情報

Blog

  • 【英熟語】絶対に忘れない勉強法!

    こんにちは!横浜市営地下鉄センター南駅から徒歩3分、BLOOMセンター南校です!

    本日は

    英熟語の勉強法

    について紹介していきます!

     

     

     

     

    熟語

    英語は、単語・熟語・文法・構文 という4つの要素が完成すれば、

    長文の学習に取り組むことが可能になります。

    熟語は、その4つの要素の中の1つです。

    4つの要素のうち、どれか一つでもかけてしまうと、

    英語長文が読みにくく、かつ読んでもあまり意味のないものになってしまいます。

    なので、熟語を覚えるということは大学受験において必須と言えるのです。

    「そうは言っても熟語を覚えるのが苦手過ぎてやりたくない!」

    という受験生の方、結構います。

    「やらないといけないけど、覚えられないからやりたくない」

    という方に必見の勉強法を紹介していきます!!!

     

     

    熟語の勉強法

     

    ①まずインプットしてみる

    まずは、インプットするところから始めましょう。

    熟語を見る→意味の確認

    を繰り返し行ってください。

    この時、必ず声に出して行うようにしましょう。

    また、多くの熟語帳には例文が付いているので、

    例文を10回音読して、場面などを想起しながら意味をインプットしていきましょう。

     

     

    ②インプットできているかどうかのチェック

    ①の動作を10個やってインプットしたら、チェックの段階に入ります。

    ここで、学習において最も重要な事である、

    出来ているものと出来ていないものの分類

    を行ってください。

    アウトプットするのに2秒以上かかった熟語に関しては、

    チェックをつけて再度①を行いましょう。

     

     

    ③全範囲のチェック

    ①~②を繰り返して、1日の範囲が終了したら、

    一番最初からすべての熟語の意味がアウトプットできるかどうか、

    全範囲のチェックをかけていきます。

    ここで、チェックのついたものは、今後も抜けてしまう可能性が高いため、

    「☆」などの少し特殊なチェックをつけておきます。

    チェックが付いたらまた①の作業をやり直して、

    覚えられるまで徹底的に繰り返していきましょう。

    全範囲のチェックですべての熟語の意味がもれなく言えるようになったら、完了です。

    ここで、

    「もしかしたら忘れているかもしれない…」と思って、

    更にもう1周チェックをかける必要はないです。

    大事なのは、

    決めた範囲の熟語の意味を全て言えるようになった

    ということなので、これが達成出来たら、

    その日の熟語の学習は終了してしまって大丈夫です!

     

    *ここでの「1日の範囲」は、個人差はありますが、

    だいたい50個ほど、進められると良いと思います!

     

     

     

    熟語のインプット方法

    勉強法は先ほど紹介した通りですが、

    「そもそもインプットするのが難しい」

    「インプットしてもすぐ抜け漏れてしまう」

    などと言うことが熟語では起こりやすいです。

    ここでは、抜け漏れが少なくなるように、

    また、よりインプットがしやすくなるように、

    1つ1つの熟語に対するインプットがしやすくなるように、

    インプット方法を紹介していきます!

     

     

     

    原理原則に基づいてインプット

    この場合における原理原則とは、

    覚えている熟語とそうでない熟語の分類

    素早く繰り返す

    以上2点です。

    覚えている熟語とそうでない熟語を分類して、

    覚えていない熟語を徹底的に覚えることに注力するのと同時に、

    素早く繰り返すことで、抜け漏れを防いでいきます。

    ペースとしては、1日最低30個、最高100個

    のペースがおすすめです!!

     

     

    前置詞のイメージと結び付ける

    熟語は、そのほとんどが

    前置詞+名詞

    動詞+前置詞

    で成り立っており、必ずと言って良いほど前置詞が使われます。

    なので、熟語をインプットする際には、

    前置詞のイメージと結び付ける

    これが大事になってきます。

     

     

    例えば、suffer from~ は、「~で苦しむ」という意味の熟語ですが、

    sufferが「苦しむ」で、from以降で「原因」を表しています。

    fromには、「起点」の意味があり、訳すと「~から」という意味になります。

    「起点」の意味があることから派生して、

    ~から発生する」という意味にもなり、「原因」を表すようになりました。

     

    suffer fromは比較的イメージが付きやすいですが、

    今度はcatch onについて説明します。

    catch onには「流行する」「理解する」という意味があります。

     

    catchは「掴む、捕る」という意味がありますが、

    基本的なイメージとしては「動いているものを(追いかけて)捕まえる」

    というものがあります。

    続いて、onは、「~の上に」という意味で捉えることが多いですが、

    本来のイメージは「接触」です。

     

    この2点を踏まえると、catch onは、

    「動いているもの(流行)を捉え、そこに接触している状態である」

    というイメージをつけることができます。

    こうしたイメージから、「流行する/理解する」という意味になります。

     

    以上のように、前置詞のイメージをしっかりと持って熟語を覚えることができれば、

    覚えやすくもなり、忘れにくくもなります!!

     

     

     

    イメージのメモを取る

    前置詞や動詞などのイメージが付いたら、

    そのイメージを忘れてしまわないよう、メモを取っておきます。

    このメモに関しては、言葉で書いても図で書いてもOKです。

    とにかく熟語のイメージが抜けてしまわないように、

    自分流でのメモを取ることを忘れずにやってください!!

     

    熟語を覚えるのが苦手な人でも、

    イメージをつけて、覚えていないものにチェックをつけて、再度イメージを基にインプット

    という順序で覚えるだけでも劇的にインプットの効率が上がります!!

     

     

     

    おすすめの熟語帳

    熟語の覚え方や勉強法について紹介していましたが、

    実際どのような参考書を使うべきなのか、紹介していきます!!

     

    速読英熟語

     

     

    熟語と熟語が掲載されている文章がセットになっている熟語帳です。

    この教材は、熟語さえ覚えてしまえば文章が読めるようになっています。

    さらにさらに、巻末付録に掲載されている文法事項のまとめ部分に、

    前置詞の解説が掲載されています。

    巻末付録の前置詞解説に基づいて前置詞のイメージをつけていくことで、

    覚えやすく、抜けづらい熟語のインプットを実現することができます!

     

     

    解体英熟語

     

     

    解体英熟語は、熟語の類義語を掲載してくれているだけでなく、

    すべての熟語に対するイメージ解説

    が付いています。

    このイメージ解説に沿って熟語を覚えていくことで、

    より汎用性の高い熟語のインプットが可能になります。

    また、解体英熟語は、「必修」「共通テスト」「無印」

    の3段階のレベルに分かれているので、

    自分の志望校のレベルに合わせた熟語のインプットが可能になります!

     

     

    システム英熟語

     

     

    システム英熟語は、前置詞のイメージごとに熟語が掲載されているので、

    「前置詞が同じだと意味が混同しやすい…」

    「動詞が同じだと、前置詞でどう見分ければわからない」

    といった方におすすめです。

    また、熟語の中にはイメージが付きづらいものもあります。

    システム英熟語では、イメージが付きやすいよう、

    イラスト込みでのイメージの解説をしてくれているので、

    「熟語のイメージと言われても、中々思いつかない」

    という方にもピッタリの熟語帳です。

     

     

    ターゲット1000

     

     

    単語帳で有名なターゲットシリーズの熟語版です。

    1つ1つの熟語に対して、例文が掲載されているため、

    ・覚えようとしている熟語の使い方

    ・文脈の中での訳出の仕方

    等がわかりやすくなっています。

    インプット&アウトプット2つの面を考えて、

    例文を利用した熟語暗記はかなり効果的なので、

    「文章の中で熟語に中々気づけない」

    といった方におすすめです。

     

     

     


    大学受験予備校の無料個別コーチング面談

    大学受験予備校BLOOMでは、

    無料の個別コーチング面談を行なっています。

    ご入塾をご検討の方は、

    大学受験予備校BLOOMという塾がどういう塾なのか。しっかりとご説明させていただきます。

    そして、ご自身がこの塾に合うかどうか、とことんご相談させていただきたいと思っています。

     

    また、入塾を検討してはないけど、

    大学受験や、キャリアについて相談したいという方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

    受験のこと、キャリアのこと、就職のこと、将来のこと。

    ご相談したい内容に応じて、

    これまで3000人以上の生徒さんを面談してきた学生面談のプロがお話させていただきます。

    もちろん、ご入塾のご相談も承っております。


    • 大学受験でお悩みの方
    • 朝早くから夜遅くまで学校や部活で勉強する時間がほとんどない方
    • 受験に向けて勉強しないといけないのに、やる気が出ない方
    • 正直、自分が大学受験をするべきなのか、どうかわからない
    • 学校の定期テストで全然点数が取れなくて困っている方
    • 勉強しているのに、なかなか集中できない方
    • 大学受験に向けた塾や予備校をお探しの方

    ぜひ、一度お問合せください。

    心よりお待ちしております。

    無料コーチング面談 詳細はこちら

     

    BLOOMオンラインの詳細はこちら

    オンライン予備校

    大学受験予備校BLOOM

    〒224-0032 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央51-10 2F

    (横浜市営地下鉄センター南駅より徒歩3分)

    ☎︎ 045-509-1494

    ✉️ info@juku-bloom.com

    インスタ

    BLOOMの様子や雰囲気が知れる

    BLOOM Instagramアカウント

    指導の様子や指導に対する考え方を発信しています

    無料個別コーチング面談のイメージ

    受験のプロに直接相談できる!

    無料個別コーチング面談

    プロの学習コーチが課題に合わせた学習計画を作成!

    TOPICS

    厳選トピックス

    私が予備校という事業を始めた理由は、大学受験を通して、高い志を持った人材を世の中に輩出したいという想いからでした。
    ほとんど予備校が合格実績を追い求め、志望校合格のためのカリキュラム提供をしており、また・・・

    大学受験予備校BLOOMのコンセプトムービーです。『Lead your LIFE=あなたを生きよう』という想いを大切に運営している予備校です。志望校合格はもちろんですが、その先の未来を描き、合格後活躍できる成長を目指します。

    各業界で活躍する方々から、BLOOMとBLOOMで学ぶ皆さんにメッセージをいただきました。大学受験予備校BLOOMの教育理念や取り組みに各業界の皆様から推薦の声が載っています。