横浜センター南|個別指導の大学受験予備校

受験情報

Blog

  • 浪人生向け

    浪人生必見!英検を取るべき人、取らない方が良い人の特徴を紹介!

    皆さん、こんにちは。センター南駅から徒歩1分の大学受験予備校BLOOM 横浜センター南校です。
    本日は、「浪人生は英検を取るべきか否か」をテーマにした記事になります。

    各大学の個別入試において、英語の外部試験利用が増える中で、
    「英検取った方が良いのかな」
    「英検の勉強する時間を普通の英語の勉強に充てた方が良いんじゃないかな…」
    などなど思っている方、いらっしゃると思います。
    今回はそういった方々に向けた記事になっておりますのでぜひ最後まで見ていってください!
     
     
    ↓↓関連記事↓↓
    外部検定取得者必見!外部検定利用を採用している大学一覧!
     
     

    英検を取るメリット

    英語の対策を最小限に抑えることとができる

    昨今の大学入試では、英検やTOEICなど、
    外部試験の得点を個別試験の英語の点数に換算して
    得点を算出する方式が増えています。
    外部試験を個別入試の英語の得点に換算できる大学であれば、
    個別入試の英語の対策が必要なくなります。
    その分の時間をほかの科目の勉強時間に回すことができるわけです。
    また、共通テスト利用においても、外部試験利用を使うことができます。
    「あの大学、共通テスト利用で取れたら理想だけど英語で得点できる自信ないし、
    かといって共通テスト対策に割く時間もそんなにないな…」
    と思う方は共通テスト利用に外部試験を使ってしまえばよいわけです。

    何回も受験できる

    昨今の私立大学では、外部試験の得点を独自換算して、
    80%~満点の得点になることがほとんどです。
    一般入試で、しかも1発の試験で80%~満点を取ることよりも
    複数回受験できる、つまり80%~満点を取ることのできる機会が複数回ある、
    と考えると受けた方が良いかと思います。

    英検を取るデメリット

    一般融資とは別に勉強時間をとらなければいけない

    英検の対策は英検の対策のための時間を取らなければいけません。
    「英検の勉強だって一般受験に活きるでしょ!」
    と思う方もいるかもしれません。
    確かにそうなのですが、英検の勉強はWriting Reading Speaking Listening
    以上の4技能を勉強する必要があり、
    難易度の高い級になればなるほどその対策にかかる時間は増えます。
    特に、Speakingの対策にかける時間があるのであれば、
    一般入試の英語の勉強に時間をかけた方がコスパは良いです。

    他の科目に支障が出る可能性がある

    これはメリットの①と相反する部分がありますが、
    英検、それも2級や準1級を取るまでの勉強時間を考えると
    相当膨大な勉強量になってしまいます。
    4技能分の勉強時間を確保しなければならないと考えると、
    他の科目の成績に支障が出かねない、
    というのも1つのデメリットです。

    メリット、デメリット挙げていきましたが、
    結局のところ取った方が良いのか、そうではないのか、
    以下ではそこに焦点を当てていきます。
    結論から言うと、取った方が良い人もいれば、取らない方が良い人もいます。
    以下では英検を取った方が良い人を挙げていきます。

    英検を取った方が良い浪人生

    準2級、2級をすでに取得している人

    大学受験において英検利用を使うとすれば2級または準1級かと思います。
    準2級、2級を取得していて、2級、準1級の取得を
    目指そうとしている人は英検の取得を目指しても良いかもしれません。
    というのも、Speakingなどの、英検において特殊な
    技能の試験の要領を得ていることから、
    英検を取得していない人に比べて
    勉強時間が短縮されることが考えられるからです。
    すでに英検を取得済みの方は上記のデメリットを克服できる、
    かつメリットを享受できるので英検の取得を目指しても良いでしょう。

    英検を取らない方が良い浪人生

    英検を取得したことがない人

    英検を取得した経験がないと、
    その分英検に向けた勉強に時間を使うことになってしまい、
    上記のデメリットの影響をもろに受ける形となってしまいます。
    英検の取得経験がない場合には、
    一般試験の英語の勉強に専念した方が良いと言えるでしょう。

    まとめ

    いかがでしたか。
    英検を新たに取得しようか迷っている人、
    取得するつもりはなかったけど、新たに取得しようと思った人、
    様々いるとは思いますが、
    この記事が少しでも参考になれば幸いです。

    自分の受験が少しでも有利に進むように、
    できることはすべてやりきっていきましょう!!!

    大学受験予備校BLOOMでは、無料個別コーチング面談を行っています。勉強のこと、受験のことなど、なんでも気軽にご相談くださいね。春から高校生になる新高1生の勉強の相談もお待ちしています!!
    ↓↓↓
    無料個別コーチング面談についての記事はこちら

    インスタ

    BLOOMの様子や雰囲気が知れる

    BLOOM Instagramアカウント

    指導の様子や指導に対する考え方を発信しています

    無料個別コーチング面談のイメージ

    受験のプロに直接相談できる!

    無料個別コーチング面談

    プロの学習コーチが課題に合わせた学習計画を作成!

    TOPICS

    厳選トピックス

    私が予備校という事業を始めた理由は、大学受験を通して、高い志を持った人材を世の中に輩出したいという想いからでした。
    ほとんど予備校が合格実績を追い求め、志望校合格のためのカリキュラム提供をしており、また・・・

    大学受験予備校BLOOMのコンセプトムービーです。『Lead your LIFE=あなたを生きよう』という想いを大切に運営している予備校です。志望校合格はもちろんですが、その先の未来を描き、合格後活躍できる成長を目指します。

    各業界で活躍する方々から、BLOOMとBLOOMで学ぶ皆さんにメッセージをいただきました。大学受験予備校BLOOMの教育理念や取り組みに各業界の皆様から推薦の声が載っています。