横浜センター南|個別指導の大学受験予備校

受験情報

Blog

  • 【学部紹介】慶應義塾大学~環境情報学部~

  • 慶應義塾大学
  • 慶應
     
    皆さん、こんにちは。横浜センター南駅から徒歩1分の大学受験予備校BLOOM 横浜センター南校です。
    本日は「大学紹介、学部編」についての記事になります。
     
    慶應義塾大学~基本情報編~はこちら

     
    今回は、慶應義塾大学 環境情報学部の紹介をします。
     

    (引用:慶應義塾大学 環境情報学部HP)

     

    慶應義塾大学 環境情報学部の基本情報

    環境情報学部では4年間、湘南藤沢キャンパス(SFC)で学びます。
     

    ・湘南藤沢キャンパス


    〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322
    小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄湘南台駅下車、バスで約15分。
    またはJR辻堂駅からバスで約25分

    (引用元:慶應義塾大学HP湘南藤沢キャンパスアクセス)
     

     
    偏差値:72.5
    定員:275名(一般入試)
    男:女=60%:40%
     

    総合政策学部の目標


    最先端のサイエンス、テクノロジー、デザインで未来社会に貢献
     
    21世紀は「環境と情報の世紀」です。環境情報学部では、最先端のサイエンス、テクノロジー、デザインを駆使することによって、人間、社会、自然、地球、生命を理解し、未解決の問題に取り組み、解決策を創造します。環境情報学部が期待する学生像は、(1)実用化や人間社会との接点まで視野に入れて先端科学技術を学びたい、という理系学生、(2)先端科学技術を駆使して社会に貢献したい、という文系学生、そして(3)文系理系を問わず、大学時代になるべく早く専門的な先端研究に打ち込んでみたい、という学生です。

     
    (情報環境学部の概要はこちら)
     

    研究領域

    環境情報学部の研究領域を「分野」で分類すると5つに分けることができます。
    ※この「分野」は、学生や教員が所属する「専攻」「学科」「コース」ではなく、研究の領域をわかりやすく束ねた編集上の区分です。
     

    ▪先端情報システム分野

    〈インターネットシステム、基盤ソフトウェアシステム、ユビキタス情報システム、知識情報システム〉
    当たり前のように日常に溶け込み、我々の生活を支援する情報システム、またその媒体であるコンピューター、ネットワークなどの先端情報システムを創造し、諸問題に挑みます。

     

    ▪先端領域デザインの分野

    〈テクノロジー×デザイン、コンテンツ×デザイン、ソーシャル×デザイン〉
    21世紀に求められている新しいデザインやアートについて研究します。デザインに関わる分析、ビジョン構築、作成、評価、マーケティングまでの一連のプロセスをすべて取り扱います。
     

    ▪先端生命科学の分野

    〈先端健康科学、システム生物学、システム医科学、環境生命科学〉
    医・薬・理・工・農・情報・政策を融合した世界最先端の生命科学を展開し、分野にとらわれず、あらゆる学問を総動員して生命のしくみを解明することで、健康・医療・食品・環境分野に貢献します。

     

    ▪環境デザインの分野

    〈建築環境デザイン、都市環境デザイン、地域環境デザイン、地球環境デザイン〉
    建築・都市・地域レベル~地球レベルまでスケールの異なる幅広い視野を持ち、持続可能な未来の環境のデザインに関する実践的な教育と研究に取り組みます。

     

    ▪人間環境科学の分野

    〈言語の認知と学習、社会・コミュニティ、メンタルサイエンス、身体動作の理解と学び〉
    人が身体と言葉を駆使しながら、動的に環境・社会と相互作用するプロセスを、個人や社会レベルで考え、知の構造・機能の理解をめざし、新たな知の創成に挑戦します。
     

    特徴的な制度

    ▪3.5年早期卒業制度

    環境情報学部の学生は、卒業要件を満たし、優秀な学業成績など優れた成果を挙げた者に対して3.5年(7学期)在学すれば卒業できるようにする制度が設けられています。
    このため、9月入学者の4月就職、4月入学者の海外大学院進学などを大学側が支援することができます。
     

    ▪飛び入学制度

    政策・メディア研究科へは学部3年修了後、または学部4年1学期目修了後、大学院1年生への入学が可能です。
    また、修士課程を1年で修了することのできる制度もあり、最短で学部入学から4年間で修士号を取得することも可能です。
    このように、大学院に進学したい人は進んで学ぶことができる環境が整っています。
     

    ▪GIGAプログラム

    GIGAプログラム(Global Information and Governance Academic Program) :
    コアとなる授業がすべて英語で行われ、卒業に必要な単位を英語のみにより修得することができます。
    GIGAプログラムでは、講義形式の授業に加え、学生が能動的に参加するICT関連プロジェクトやガバナンスプロジェクト、海外フィールドワークやインターンシップなどを中心に構成されています。
     

    進路

    就職者:299名
    進学者:61名
     

    ▪就職先業種

    ▪サービス業…27.8%
    ▪情報通信業…24.1%
    ▪製造業…15.4%
    ▪金融・保険業…13.0%
    ▪卸売・小売り業…7.0%
     

    ▪就職先

    ※2018年上位就職先企業(3名以上)
    1位 アクセンチュア…10名
    2位 楽天…8名
    2位 東京海上日動火災保険…8名
    4位 サイバーエージェント…5名
    4位 日本放送協会…5名
    6位 リクルート…4名
    6位 三井住友銀行…4名
    6位 電通…4名
    6位 日本アイ・ビー・エム…4名
    6位 博報堂…4名
    6位 野村證券…4名

     
    【まとめ】
    ・慶應義塾大学はキャンパスが2年生から変わったりすることがありますが、環境情報学部では、4年間同じキャンパスで学び続けることができるので、引っ越しの心配がなく、一人暮らしを考えている人も安心◎
    ・研究分野の幅が広く、理系も文系も様々な領域を勉強できる!
    ・就職は、情報通信系に強い他、自ら起業し、社会問題の解決に取り組む人が多いのもこの学部の特徴です。

     

     

    インスタ

    BLOOMの様子や雰囲気が知れる

    BLOOM Instagramアカウント

    指導の様子や指導に対する考え方を発信しています

    無料個別コーチング面談のイメージ

    受験のプロに直接相談できる!

    無料個別コーチング面談

    プロの学習コーチが課題に合わせた学習計画を作成!

    TOPICS

    厳選トピックス

    私が予備校という事業を始めた理由は、大学受験を通して、高い志を持った人材を世の中に輩出したいという想いからでした。
    ほとんど予備校が合格実績を追い求め、志望校合格のためのカリキュラム提供をしており、また・・・

    大学受験予備校BLOOMのコンセプトムービーです。『Lead your LIFE=あなたを生きよう』という想いを大切に運営している予備校です。志望校合格はもちろんですが、その先の未来を描き、合格後活躍できる成長を目指します。

    各業界で活躍する方々から、BLOOMとBLOOMで学ぶ皆さんにメッセージをいただきました。大学受験予備校BLOOMの教育理念や取り組みに各業界の皆様から推薦の声が載っています。